2010年05月27日

「動くな」部下に二十数回銃口…道警警部補(読売新聞)

 北海道警帯広署の50歳代の男性警部補が交番で職務中、部下に拳銃の銃口を向けたとして、道警は26日、警部補を銃刀法違反(所持)容疑で釧路地検に書類送検し、停職6か月の懲戒処分とした。

 警部補は同日、依願退職が認められた。

 道警監察官室の発表によると、警部補は昨年2月中旬の深夜、帯広市内の交番で、20歳代の男性巡査に実弾入り拳銃の銃口を向けた疑い。この行為が目的外の不適正使用にあたり、道警は不法所持と判断した。

 調べに対し、警部補は「新人警察官に『油断するな』という意味で、部下とのコミュニケーションを図るつもりで、ふざけてやった」などと話しているという。

 警部補はほかに、札幌市内の警察署に勤務していた2007年4月から帯広署地域課所属の今年1月にかけて、交番や署内の拳銃保管庫で、20〜30歳代の部下の男女十数人に対し、二十数回にわたり、「動くな」などと言って銃口を向けていた。部下の大半は冗談と受け止めていたが、うち1人が今年2月、周囲に相談したため、発覚した。

 道警の渡部武夫監察官室長は「拳銃の不適正使用はあってはならないこと。今後、より一層、職員の指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

DPC新係数は「病院の機能を評価」―厚労省医療課主査(医療介護CBニュース)
裁判員、量刑は「データ参考」が77%(読売新聞)
<小沢氏>「青木氏は既成の政治家」 (毎日新聞)
北朝鮮へ不正輸出容疑=古物販売会社を捜索―鳥取県警(時事通信)
<リフォーム詐欺>「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問(毎日新聞)
posted by ミカワ コウジ at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

首相を擁護「一朝一夕にいかぬ」=5月断念で閣僚発言−普天間(時事通信)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の月内決着を事実上断念したことについて、各閣僚から11日午前の閣議後の記者会見で、鳩山由紀夫首相を擁護する発言が相次いだ。
 中井洽国家公安委員長は「できないときちっと言われて、その後も引き続き、おやりになればいい」と、率直に事情を説明するよう首相に要求。原口一博総務相は「日米の安全保障は、一朝一夕にどうかなるものではない」と対米交渉の難しさを指摘し、枝野幸男行政刷新担当相は「5月31日を越えたら、すべてが遮断されるという問題の性質ではない」と述べた。
 菅直人副総理兼財務相は「5月末に向け首相自ら最大限の努力をしており、期待したい」と、推移を見守る姿勢を示し、担当閣僚の一人である前原誠司沖縄担当相は「(地元に)お願いをし続けることは以降もやらなくてはいけない」と語った。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「ひどい結論を5月末に出すくらいなら、本質的な真の解決を目指してやるべきだ」と結論の先送りを主張し、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は「手品みたいにいっぺんにできないからと言って、(首相を)批判しまくるのもどうか」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

【風】気になる男性の本心(産経新聞)
自民とみんな、内閣委員長解任決議案提出へ(産経新聞)
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
橋下知事特別秘書のメールは○か×か 自主ルールも対応苦慮(産経新聞)
介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)
posted by ミカワ コウジ at 22:02| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。